真性童貞と素人童貞を徹底追求してみました!

真性童貞と素人童貞の違いとは?

女性とエッチをした事がない男性の事を、童貞と指すのは皆さんご存じですよね。
中には、「30歳まで童貞だと魔法使いになれる」なんてとんでもない都市伝説もあります。

 

でもこの童貞、実は大きく2種類に分けられる事はご存知ですか?

 

それが「真性童貞」と「素人童貞」です。

 

今回は、この二つの童貞について比べていきましょう。

 

そもそも童貞とは?

童貞とは、女性とエッチをした事が無い人を指します。
とは言え、その定義はまだまだあやふやなようなのですが、今回は「女性に挿入して射精した」までを童貞脱出の定義としてみましょう。

 

真性童貞とは?

では真性童貞とはどのような男性を指すのでしょうか。
真性童貞とは、本当の童貞を指します。
つまり、女性とエッチした事が全く無いという男性です。
デリヘルなど風俗店での経験も一切無い状態です。
つまり、本当に「女性に挿入した事すら無い」んですね。

 

素人童貞とは?

でも真性童貞の話を聞いたら、「だから結局童貞の事なんじゃないの?何が違うの?」と思われた方もいるかもしれません。
そこで出てくるのが、素人童貞です。

 

素人童貞とは、「風俗などで童貞を脱出したものの、普通の素人とのエッチはした事が無い」という男性を指します。
つまり、どうしても彼女が出来なくて、風俗などで初エッチを済ませたという男性です。
それなら童貞と言わなくて良いのではないかという意見も出てくるのですが、実はこの素人童貞には、知っておくべき特徴があるんです。

 

素人童貞で気をつける事とは?

童貞はエッチをした事が無いため、初めて彼女が出来てエッチをする時に「痛くない?」「これはどうしたら良いんだろう…」「これで合ってるのかな?」などと様々な悩みを抱えてしまいます。
その結果、エッチに消極的になってしまったり、またエッチの最中に女性を嫌な気分にさせてしまう事があります。

 

素人童貞は、身体的には童貞ではないものの、同じ悩みを抱えています。
つまり「エッチはした事があるけど、自分でどうエッチをしていいかわからない点では、真性童貞と同じ」という訳なんです。
風俗ですから、おそらく女性も慣れている人でしょうし、ある程度リードもしてくれます。それは男性側もわかっています。
だからこそ素人の女性とエッチする時になると、同じやり方ではいけない事もわかっているし、でもどうしてよいかわからないし…とジレンマに陥るのです。

 

これが、真性童貞と素人童貞の違いです。
もし何かそんなワードが会話に出てきたら、今回の記事の事を思い出してみてくださいね。